DHC~血糖ファイバーの3つの特徴とは~食後の血糖値対策・効果的な飲み方

グアーガム分解物

健康サプリメントで人気のDHC。

DHCには食後の血糖値が気になる方のための血糖ファイバーというサプリメントもありました。

 

食後の血糖値が気になる方のための血糖ファイバーには、どのような特徴があるのでしょうか?

 

そこで、DHC血糖ファイバーの特徴を調べてみました。

DHC血糖ファイバーの3つの特徴とは

DHC血糖ファイバーの特徴を公式サイトで調べてみると、3つの特徴があることが分かりました。

 

血糖ファイバーの特徴

  • 機能性表示食品
  • グアーガム分解物
  • 1日1本

 

血糖ファイバーの特徴① 機能性表示食品

血糖ファイバーの特徴は機能性表示食品である点にありました。

 

機能性表示食品とは、食品の機能性がパッケージに表示されている食品のことで、血糖ファイバーには次の機能性が表示されていました。

本品にはグアーガム(食物繊維)が含まれるので、糖の吸収をおだやかにし、食後血糖のピーク値を抑えます。

 

血糖ファイバーの臨床試験では、「糖の吸収が穏やかになる」ことと「食後血糖のピーク値を抑制」することが分かったそうです。

 

ちなみに、この試験では、食事とともに血糖ファイバーを摂取したそうです。

食事と一緒に摂取することによって、血糖ファイバーの食後の血糖値に対する効果が期待できることが分かりますね。

 

血糖ファイバーの特徴② グアーガム分解物

血糖ファイバーは食後糖値のピーク値を抑える効果期待できることが分かりました。

 

血糖ファイバーの血糖値に作用する成分を調べてみると、グアーガム分解物という成分にその作用があることが分かりました。

 

グアーガム分解物とは、インゲン豆の一種であるグアー豆から抽出される食物繊維の一種なのだそうです。

 

このグアー豆から抽出グアーガム分解物が、食後の血糖値に効果を発揮するのですね。

 

血糖ファイバーの特徴③ 1日1本

血糖ファイバーの飲み方を調べてみると、1日1本の摂取目安を守るようにとありました。

 

血糖値が気になるときには、1日に何本も血糖ファイバーを摂取したくなると思いますが、1日1本の摂取を守ることが大切ということです。

 

また先ほどお話ししましたが、血糖ファイバーの臨床試験では食事とともに血糖ファイバーを摂取していました。

 

ですので、食事とともに血糖ファイバーを摂取することが効果的な飲み方ではないかと思います。

 

ちなみに、血糖ファイバーは粉末タイプですので、お好みの飲み物に混ぜて飲むことができる点がうれしいですね。

 

まとめ

DHC血糖ファイバーの特徴をみてきました。

 

血糖ファイバーは、グアーガム分解物という食物繊維により食後血糖の上昇を抑える機能がある機能性表示食品であることが分かりましたね。

 

食後の血糖値のピーク値が気になるときには、DHC血糖ファイバーをお試ししてみてはいかがでしょうか?

error: Content is protected !!