佐藤園~緑の力茶(血糖値)の特徴と口コミとは~特定保健用食品

特定保健用食品

佐藤園の緑の力茶(血糖値)が気になっていませんか?

 

緑の力茶(血糖値)は、どのような作用や特徴があるお茶なのでしょうか?

 

そこで、緑の力茶(血糖値)の特徴を調べてみました。

佐藤園緑の力茶(血糖値)の特徴とは


引用:佐藤園公式サイト

佐藤園緑の力茶(血糖値)は特定保健用食品ですが、血糖値に対する特定保健用食品であることが分かりました。

 

緑の力茶(血糖値)の特徴

  • 食後の血糖値を抑える
  • ヒト試験済
  • 粉末緑茶

 

緑の力茶(血糖値)の特徴① 食後の血糖値を抑える

緑の力茶(血糖値)の特徴の1つ目は、食後の血糖値を抑える点にありました。

緑の力茶(血糖値)を食事中に飲むと、食後の急激な血糖値の上昇を抑えます。

 

食後の血糖値の上昇を抑える働きがある成分は難消化デキストリン。

難消化デキストリンとは海藻や植物に含まれる食物繊維の一種で、水に溶ける水溶性食物繊維になります。

 

難消化デキストリンには、小腸での糖分(ブドウ糖)の吸収を抑える働きがあります。

 

ですので、難消化デキストリン配合の緑の力茶(ブドウ糖)を食事中に摂取することによって、食後の血糖値の急激な上昇が抑えられるのですね。

 

緑の力茶(血糖値)の特徴② ヒト試験済

緑の力茶(血糖値)の特徴の2つ目は、ヒト試験済であること。

 

緑の力茶(血糖値)は国により特定保健用食品に認められていますが、特定保健用食品に認められるにはヒト試験により機能性と安全性が認められる必要があります。

 

緑の力茶(血糖値)は、健康成人から食後の血糖値が上がりやすい人を対象に、食後の血糖値の上昇に対するヒト試験を実施。

 

ヒト試験により、緑の力茶(血糖値)を飲んだ人は食後の血糖値の上昇が抑えらえることが分かりました。

 

このヒト試験の結果より、緑の力茶(血糖値)は特定保健用食品に認められたのでしょうね。

 

緑の力茶(血糖値)の特徴③ 粉末緑茶

緑の力茶(血糖値)は粉末緑茶を採用していました。

 

粉末緑茶は持ち運びがしやすいですので、会社や外出先でも場所を選ばずに飲めるのがメリットといえますね。

 

また、粉末タイプはペットボトルのようにかさばりませんので、保管場所に悩むことがほとんどないこともメリットといえます。

 

佐藤園緑の力茶(血糖値)の口コミとは

佐藤園緑の力茶(血糖値)には、どのような口コミがあるのでしょうか?

 

ここからは、緑の力茶(血糖値)の口コミをみて行きたいと思います。

ほうじ茶の様な味で飲みやすいです。

・健康診断で初めて血糖が高かったので試しに購入させていただきました。
引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/250186_10001117/1.1/

緑の力茶(血糖値)は、ほうじ茶みたいな味であることが口コミから分かりました。

 

まとめ

佐藤園緑の力茶(血糖値)の特徴と口コミを調べてきました。

 

緑の力茶(血糖値)は、食事と一緒に飲むことによって食後の血糖値の上昇を抑える特定保健用食品であることが分かりましたね。

 

緑の力茶(血糖値)はほうじ茶みたいな味ということですので、ほうじ茶味の血糖値対策トクホをお探しの方には緑の力茶(血糖値)がおすすめだと思いました。

error: Content is protected !!