アサヒ~からだ16茶630の特徴と口コミとは~くずの花由来イソフラボン

機能性表示食品

アサヒのからだ16茶630が気になっていませんか?

 

からだ16茶630は機能性表示食品ですが、どのような特徴がある機能性表示食品なのでしょうか?

 

そこで、アサヒからだ16茶630の特徴と口コミを調べてみました。

アサヒからだ16茶630の特徴とは


引用:https://www.asahiinryo.co.jp/asahinokinou/sp/#cnt_09

アサヒからだ16茶630の特徴を調べてみると、3つの特徴があることが分かりました。

 

からだ16茶630の特徴

  • 内臓脂肪を減らすのを助ける
  • 食後の脂肪吸収をおだやかにする
  • 食後の血糖値の上昇をおだやかにする

 

からだ16茶630の特徴① 内臓脂肪を減らすのを助ける

からだ16茶630の特徴の1つ目は、内臓脂肪を減らすのを助ける作用がある成分が配合されている点にあります。

 

内臓脂肪を減らすのを助ける作用がある成分とはくずの花由来イソフラボン。

 

くずの花由来イソフラボンは、マメ科の植物のくずの花から抽出されたイソフラボンで、内臓脂肪を減らすのを助ける機能があることが報告されているそうです。

 

ですので、くずの花由来イソフラボン配合のからだ16茶630は、内臓脂肪が気になる方に最適なお茶といえますね。

 

からだ16茶630の特徴② 食後の脂肪吸収をおだやかにする

からだ16茶630の特徴の2つ目は、食後の脂肪吸収をおだやかにする作用があること。

 

からだ16茶630には難消化デキストリンが配合されていますが、難消化デキストリンに食後の脂肪吸収をおだやかにする作用があるそうです。

 

難消化デキストリンは植物から抽出される水溶性食物繊維で、小腸での脂質の吸収を抑える働きがある成分。

 

ですので、食事とともにからだ16茶630を飲むことによって脂質の吸収が抑えられ、食後の脂肪吸収が抑えられるということでした。

 

からだ16茶630の特徴③ 食後の血糖値の上昇をおだやかにする

からだ16茶630の特徴の3つ目は、食後の血糖値の上昇をおだやかにする作用があること。

 

からだ16茶630には難消化デキストリンが配合されていますが、難消化デキストリンには小腸での糖分の吸収を抑える働きもありました。

 

小腸での糖分の吸収が抑えられると、血糖値の上昇もおだやかになりますよね。

 

ですので、からだ16茶630を食事とともに飲むことによって、食後の血糖値の上昇をおさえる作用が期待できるということです。

 

アサヒからだ16茶630の口コミとは

アサヒからだ16茶630の口コミには、どのような感想があるのでしょうか?

 

ここからは、からだ16茶630の口コミをみて行きましょう。

味は好みが分かれるかもしれません。体のために続けて見ます。
引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/193677_11760951/1.1/?l2-id=item_review

口コミを調べてみると、からだ16茶630は「好みが分かれる味」なのかなと思いました。

 

まとめ

アサヒからだ16茶630の特徴と口コミをみてきました。

 

からだ16茶630は、3つの機能が期待できる機能性表示食品であることが分かりましたね。

 

体脂肪と血糖値が気になるときには、からだ16茶630をお試ししてみてはいかがでしょうか?

error: Content is protected !!