オリヒロ~賢人の緑茶の3つの特徴とは~口コミも調査・期待できる効果は何?

機能性表示食品

オリヒロの賢人の緑茶が気になっていませんか?

賢人の緑茶にはどのような特徴があるのでしょうか?

そこで、オリヒロ賢人の緑茶の特徴と口コミを調べてみました。

 

オリヒロ賢人の緑茶の口コミ評価

オリヒロ賢人の緑茶の口コミには、どのような感想があるのでしょうか?

まずは、賢人の緑茶の口コミをみて行きましょう。

 

≪賢者の緑茶の口コミ評価≫

「サッとお湯にとけるし、味も美味しいです。これで血圧が下がればいいな。」

「朝食の時に毎日飲んでます。血糖値がちょっと高めなので続けています。」

「血圧対策、というよりは、昼食後の一杯のお茶、と言った感覚で飲用している。」

「昼食後に飲む様にしているが、少しお湯は少なめの方が良いかも。」
引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/219163_10001707/1.1/?l2-id=item_review

賢人の緑茶は粉末スティックタイプですが、賢人の緑茶の口コミには「さっと溶けて飲みやすい」という感想がいくつもありました。

↓↓↓

口コミをもっと知りたい方はこちら

 

オリヒロ賢人の緑茶の特徴とは

オリヒロ賢人の緑茶の特徴を調べてみると、3つの特徴があることが分かりました。

 

≪賢人の緑茶の特徴≫

  • 食後の血糖値が気になる方へ
  • 食後の血中中性脂肪が気になる方へ
  • 血圧が高めの方へ

 

賢人の緑茶の特徴① 食後の血糖値が気になる方へ

賢人の緑茶の特徴の1つ目は、食後の血糖値が気になる方に向けて開発された点にあります。

賢人の緑茶は、小腸での糖分の吸収を抑える作用が報告されている難消化デキストリンが配合されていました。

 

難消化デキストリンは、植物や海藻などに含まれている水溶性食物繊維のこと。

 

難消化デキストリンにより糖分の吸収が抑えられることによって、血糖値の上昇が抑えらえるということです。

ただ、糖分の吸収は食後に多くなるのが一般的ですので、賢者の緑茶は食事とともに飲んでこそ効果が期待できる製品といえるのですね。

 

賢人の緑茶の特徴② 食後の血中中性脂肪が気になる方へ

賢者の緑茶の特徴の2つ目は、食後の血中中性脂肪対策ができる点にもありました。

先ほどお話ししたように、賢者の緑茶には難消化デキストリンが配合されています。

難消化デキストリンには小腸での糖分の吸収を抑える働きと共に、脂肪分の吸収を抑える働きも報告されてます。

糖分の吸収でもそうですが、脂肪分の吸収も食後に高くなります。

なので、賢人の緑茶を食事とともに摂取することによって、食後の血中中性脂肪の上昇が抑えられる効果が期待できるとのことでした。

 

賢人の緑茶の特徴③ 血圧が高めの方へ

賢人の緑茶の特徴の3つ目は、血圧が高めの方にも効果が期待できる成分が配合されている点にあります。

賢人の緑茶に配合されている血圧高めに効果が期待できる成分はGABAという成分。

GABAは動物や植物にもとからあるアミノ酸の一種で血圧をおだやかにする作用が報告されている成分なのだそうです。

なので、GABAが配合されている賢人の緑茶には、高めの血圧にも効果が期待できるのですね。

 

まとめ

オリヒロ賢人の緑茶の効果特徴と口コミをみてきました。

賢人の緑茶は、難消化デキストリンとGABAの働きで、「食後の血糖値」「食後の血中中性脂肪」「血圧高め」に効果が期待できる緑茶であることが分かりましたね。

総合的な健康が気になるときには、賢人の緑茶をお試ししてみてはいかがでしょうか?

error: Content is protected !!